戸建を持つために必要なこと

###Site Name###

自分達の住まいは、好みや希望が反映されます。特に、賃貸ではなく、持ち家を購入する場合には、一生に一度の買い物となる場合が多くなるため、少し無理をしても、戸建を選ぶ人達が多くいます。


戸建は一般的に、マンションよりも購入価格が高くなります。

したがって、希望どおりの一軒家を購入するためには、場所と家の広さ、設備等で、予算内で購入出来るものを選ぶようにします。



戸建でもマンションでも、購入後に維持費は発生します。

どのくらいの維持費がかかるのかを、あらかじめ見積もっておくことは大切です。
戸建の場合には、庭があることが多く、植木の手入れや伐採等、専門会社に依頼をすることもあります。

自分達で手入れが出来て、植物が好きな人達の場合と、苦手な人達の場合には、維持費の点で違いが生じます。



したがって、自分達が一軒家に向いているのかを判断しておくことも必要です。

マンションの場合は修繕のための費用等を毎月、積み立てています。

戸建はそれぞれの自由となります。



しかし、マンションに住む人達のように、家の維持のための費用を積み立てておくことは必要なことです。

何年かに一度は、外壁や屋根の塗り替えやシロアリ駆除等、家のチェックをしてもらい、修繕が必要になります。

ある程度の費用が必要になるため、購入する際には、この広さのこの造りで、今後家のためにどのくらいの費用を見積もっておけばよいのかを、建設会社等から聞いて判断しておくことを覚えておきます。


そのための貯金が出来るような家を購入するようにします。