戸建てを賃貸する場合に気を付けたいこと

###Site Name###

戸建てに憧れて、一度て住んでみようかなと思われる方もいらっしゃるでしょう。
購入できればそれで良いのですが、ご家庭によって、費用面の問題や転勤が多いなど様々な事情があるため、とりあえず賃貸という形をとられる方も少なくないと思われます。


マンションと違い一戸建ての場合は、築年数にもよりますがかなりメンテナンスが必要になってくる場合があります。



最初は勿論問題のない状態で住み始めることが出来ます。



しかし早ければ数か月経つとどこかしら不具合が生じる場合があります。例えば雨漏り、シロアリ羽アリ、給湯器の故障、水道の水漏れ、ドアや窓の開閉の不具合、トイレの詰まり、エアコンの故障など数え上げればきりがありません。

そのような箇所が良くない状態になった場合、誰がどのように対処するのか、費用面はどうするのかきちんと契約時に話し合っておく必要があります。

きちんと納得の上で契約をしなければ、後々かなりの費用を負担しなければならなくなるかもしれません。
また、庭がある場合、木の剪定や消毒なども必要になります。実際草取りなども大変なためやはりこのこともきちんと聞いておく必要があります。

また門や家の周りの外構についても不具合があった時の対処の仕方などはしっかりと確認しておきましょう。

一戸建ては周りに気を遣うことなくゆったりと暮らせます。



しかし、メンテナンスが必要な場合も多いので、そのあたりのことは最初にしっかりと確認することをおすすめします。